読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男たちの晩餐歌

日々の戯言

鴨はやめられない

人づてに聞いた話で、よく通っていたスナックの美人チーママがやめた。
子供が出来たので結婚したそうだ。
メシを食いにも連れていったし、ずいぶん貢がせてもらったけど、しばらく行ってなかったからか、チーママからはなんの連絡もなかった。急に消えた。

女なんて所詮そんなものか。

辞めたんならしょうがない、俺も男、きっぱりとあきらめるさ。

そんじゃあ、次に鴨にしてくれるスナックを探さないといかんのう。

WS000050.jpg